公開記念ティーチイン実施決定!

event, news

『記憶屋 あなたを忘れない』の公開を記念して、この度、ティーチインの実施が決定いたしました!

26日(日)には、「裏話と秘話、記憶のかぎり答えるけぇ!石塚Pティーチイン」で石塚慶生プロデューサーが立川シネマシティに登壇予定。
29日(水)には、本作を手掛けた平川雄一朗監督と石塚慶生プロデューサーが新宿ピカデリーに登壇予定。

ふたりの記憶をたどり、本作の製作にまつわるエピソードや、ここだけの裏話を聞けるチャンス!

詳細は下記の概要をご確認ください。皆さまのご参加をお待ちしております!!
※ティーチインとは、本編鑑賞後にスタッフとお客様が映画についての質疑応答を行うことで、作品についてより深くご理解いただくことを目的としたトークイベントです。



<1/26(日)>
『裏話と秘話、記憶のかぎり答えるけぇ!石塚Pティーチイン上映会』

【概要】
会場:立川シネマシティ
日時:1/26(日)12:35の回(上映終了後舞台挨拶)
登壇者:石塚慶生(企画プロデューサー)(予定)

【チケット購入方法】
通常スケジュールでWeb予約、シネマ・ワン窓口販売
チケット購入はこちら https://res.cinemacity.co.jp/TicketReserver/schedule/20200125 
料金:劇場通常料金(詳細は劇場HPにてご確認ください)
※前売券、ムビチケカードもご利用いただけます
※各種割引適用
※特別興行につき、無料の招待券・株主券等はご利用いただけません。
※その他、チケット・料金に関する詳細は、劇場公式ホームページ等でご確認ください。

<1/29(水)>
『平川雄一朗監督と石塚慶生プロデューサーティーチイン上映会』

【概要】
会場:新宿ピカデリー
日時:1/29(水)18:45の回(上映終了後舞台挨拶)
登壇者:平川雄一朗(監督)、石塚慶生(企画プロデューサー)(予定)

【チケット購入方法】
1/22(水)0:00~(=1/21(火)24:00~) 劇場のHPにてWEB先行販売 
1/22(水)劇場OPEN時~ 劇場チケット窓口・券売機にて販売(※残席がある場合のみ)
チケット購入はこちら https://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/
料金:劇場通常料金(詳細は劇場HPにてご確認ください。)
※前売券、ムビチケカードもご利用いただけます。
※特別興行につき、無料の招待券・株主券等はご利用いただけません。
※その他、チケット・料金に関する詳細は、劇場公式ホームページ等でご確認ください。

【注意事項:共通】
・いかなる場合においても途中入場はお断りさせていただきますので、予めご了承ください。
・イベント内容、登壇者は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。当日は手荷物検査を行わせていただく場合がございます。
・転売目的でのご購入は、固くお断りいたします。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・会場内ではマスコミ各社の取材による撮影、弊社記録撮影が行われ、テレビ・雑誌・ホームページ等にて、放映・掲載される場合がございます。
・イベントの模様が後日販売されるDVD商品等に収録される場合がございます。
・お客様のこのイベントにおける個人情報(肖像権)については、このイベントに入場されたことにより、上記の使用にご同意いただけたものとさせていただきます。

1/7(火)サプライズ成人式イベントレポート

event



この度、来週の成人の日に先行して“記憶に残るサプライズ成人式イベント”が神楽座にて行われました。
杏子が働く喫茶店の店長 外山を演じたブラザートムさんの他、主演を務めた山田涼介さんと芳根京子さんらがサプライズ登場しました。

会場には地方出身東京在中の新成人と多くのマスコミ陣が集まり、開演前からフレッシュな熱気に包まれました。
ブラザートムさんは集まった新成人の皆さんに向けて、「二十歳になることが大事なのではありません。ここから国を作っていく面白さに参加していくこと、自分たちがやることを盛り上げていくこと、今この国で正しいのは自分たちだと思って、貴方たちが信じることをそのままやってください」と人生の大先輩として熱いエールを贈りました。

そして、ブラザートムさんがひとしきり会場を盛り上げたところで山田さんと芳根さんが登場。会場内は思わぬサプライズに騒然となり、大きな拍手と歓声が巻き起こりました。

お笑い芸人になりたいという夢を持つ新成人より家族への感謝の気持ちを綴ったメッセージが披露されると、山田さんは「新成人の皆さんおめでとうございます。僕がこの場にいられるのも、姉と母が知らぬ間に番組の公開オーディションに応募してくれたからなんです。当時サッカーを本格的にやっていたので最初は嫌だったのですが、オーディションに参加したらワールドカップのピンバッジを買ってくれるとのことでついていったんです(笑)今ではこのお仕事が僕の天職だと思っています。本当に家族に感謝しています」と秘めた家族愛を明かし、会場を沸かせました。

また、芳根さんは「家族って1番の味方ですよね。特に母はパワフルで、いつも落ち込みそうなときは相談させてもらってます。いつもポジティブな言葉をかけてくれるんです。今日も“一日の終わりに今日もありがとうって言えるのが素敵じゃない?“と言われたので実践したいです(笑)」と自身の母との強い信頼関係を語りました。

ブラザートムさんは「母が亡くなってからの時間が一緒にいた時間より長くなってしまったのですが、僕の記憶にはずっと生きています。また息子が成人したときに”お父さんの息子でよかった“と言われて涙が出てしまいました。いつまでも残る”記憶“って凄いことだと思います」と亡き母、そして息子との特別な記憶を明かしました。

続いて、会場にいる新成人から大人になる不安や記憶屋に消してほしい悩みがキャスト陣に向けて発表されました。
自立するのが不安という悩みに対して山田さんは「周りとの関わりを大事にしてほしいです。自分にとって大切な人を見定めて、絆を深めていくことが大切だと思います」と答え、芳根さんは「絶対みんな小さなことでも自立していると思います。自分を肯定してあげて、色々な場所に行ってチャレンジしたり、やりたいことを見つければいいのだと思います」と同世代としての前向きなアドバイスを贈ると、ブラザートムさんから「全くその通り!自立なんてしようと思わなくとも勝手に自立するもの。それよりも人との関わり合いを大切にして!」と二人の意見に太鼓判を押しました。

また、両親に記憶に残るようなプレゼントをあげたいという悩みに対し、山田さんは「高価なものではなくて、記憶に残るものがいいと思います。晴れの日の前に着物姿を1番早く見せるとか何よりも嬉しいんじゃないかな。手紙も形に残ると思います」、芳根さんは「母に愛情が欲しいと言われたことがあります。何を渡すか考えている時間こそが愛情で大切だと思います。親をちゃんと見て考えれば、答えが見つかるはずです」と真摯に応えました。

イベントの最後、山田さんは会場にいる新成人に向けて「本作が皆さんの記憶の1ページに残れば嬉しいです。どの世代の皆さんも愛の形とか、考え方とか、多くのことを見つめ直すことのできる映画です。自分の中にある人への想いや、愛の形を感じて頂ければと思います」と温かいメッセージを贈り、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

公開記念舞台挨拶決定のお知らせ

event, news

いよいよ2020年1月17日(金)より全国公開となる映画『記憶屋 あなたを忘れない』。
この度、公開記念舞台挨拶の開催が決定しました! この機会に是非ご参加ください。


≪舞台挨拶詳細≫
【日程】1月18日(土)公開記念舞台挨拶

①会場:丸の内ピカデリー(東京)
時間:9:00の回上映終了後舞台挨拶 【Pコード:550-854】
登壇者(予定):山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、平川雄一朗監督

②会場:丸の内ピカデリー(東京)
時間:12:20の回上映前舞台挨拶 【Pコード:550-854】
登壇者(予定):山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、平川雄一朗監督

③会場:イオンシネマ市川妙典(千葉)
時間:12:15の回上映終了後舞台挨拶 【Pコード:550-852】
登壇者(予定):山田涼介、佐々木蔵之介、平川雄一朗監督

④会場:京成ローザ(千葉)
時間:14:00の回上映終了後舞台挨拶 【Pコード:550-853】
登壇者(予定):山田涼介、佐々木蔵之介、平川雄一朗監督


≪チケット料金≫
全席指定料金:2,100円(税込) 別途手数料あり

≪チケット販売≫
「チケットぴあ」にて販売
※チケットは、すべて「チケットぴあ」にて、お一人様2枚までとさせていただきます。

≪販売スケジュール≫
◆チケットぴあ先行(抽選)
こちらはプレイガイドの無料会員限定での受付となります。(システム:チケットぴあ)
※こちらの受付は先着ではなく、期間中に申し込んで頂いたお客様の中から抽選となります。

エントリー期間:12/26(木)11:00~1/7(火)11:00
当落確認:1/10(金)18:00~
受付方法:WEBにて ≪https://w.pia.jp/t/kiokuya/ ≫(PC/スマホ)
決済方法:クレジットカード、ちょコムeマネー
引取方法:店頭引取(全国「チケットぴあ」店舗、セブン-イレブン、ファミリーマート)
枚数制限:1申込み2枚まで
手数料:別途ございます

◆一般販売(先着)
こちらはプレイガイド会員登録不要の一般受付となります。(システム:チケットぴあ)
※限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。

受付期間:1/11(土)10:00~
受付方法:WEBにて ≪https://w.pia.jp/t/kiokuya/ ≫(PC/スマホ)
店頭直接購入:全国「チケットぴあ」店舗、セブン-イレブン、ファミリーマート
電話予約:0570-02-9999
決済方法:クレジットカード、ちょコムeマネー
引取方法:店頭引取(全国「チケットぴあ」店舗、セブン-イレブン、ファミリーマート)
枚数制限:1申込み2枚まで
手数料:別途ございます

◆チケット購入に関するお問い合わせ
「チケットぴあ」インフォメーション(10:00~18:00) TEL:0570-02-9111
「チケットぴあ」HP(http://t.pia.jp/help/


≪注意事項≫
・いかなる場合においても途中入場はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。
・登壇者は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
・前売券・ムビチケカードからのお引換はいたしかねますのでご注意ください。
・特別興行の為、各種割引(シニア・学生・小人等)・各種招待券は、ご使用いただけません。
・お席はお選びいただけません。
・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは、ご購入の際にご確認ください。
・場内でのカメラ(携帯電話含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。当日は荷物検査を行わせていただく場合がございます。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。チケット券面に購入者氏名が印字される場合がございます。ご入場時、本人確認のため、チケット券面記載の「当選者様氏名(申込み登録された氏名)」と「身分証明書」をランダムで確認させていただく場合がございます。当日は身分証のご持参をお願いいたします。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。
・会場内ではマスコミ各社の取材による撮影、弊社記録撮影が行われ、テレビ・雑誌・ホームページ等にて、放映・掲載される場合がございます。
・イベントの模様が後日販売されるDVD商品等に収録される場合がございます。
・お客様の当催事における個人情報(肖像権)については、このイベントにご入場されたことにより、上記の使用にご同意いただけたものとさせていただきます。
・運営の都合により、会場へのご入場やトイレのご利用を制限させていただく場合がございます。
・登壇ゲスト等へのプレゼントは受け取れません。予めご了承ください。
・お荷物のお預かりはできません。

12/10(火)完成披露メモリアルイベントレポート

event, news


この度、主演を務めた山田涼介さんをはじめ芳根京子さん、佐々木蔵之介さん、蓮佛美沙子さん、泉里香さん、濱田龍臣さんら豪華キャスト陣と平川雄一朗監督が一同に集結。丸の内ピカデリーにて完成披露メモリアルイベントが行われました。
山田さんは、「約1年前に撮影をした本作をようやく皆様のもとに届けることができたことを素直に嬉しく思っております。いろいろな受け取り方ができる感動作だと思いますので、皆さんの反応がとても楽しみです」と無事に完成披露を迎えられたことに喜びを表しました。更に撮影を振り返り「現場で“ああじゃないか、こうじゃないか”と監督と何度も話し合いました。僕だけじゃなくキャスト皆さんもそうだと思うんです。みんなで作り上げていきました」と、平川監督と共にチーム一丸となっていたことを語りました。

劇中で遼一と共に記憶屋を探し、バディのような関係になる弁護士・高原を演じた佐々木さんは、山田さんとの初共演について「山田君と1日だけ広島でロケしたのですが、まるで一緒に旅行をしたような“記憶”が残っています。広島の綺麗な海の景色を共有できて、劇中のようにバディ感を感じていました。実はその後、山田君のコンサートに一人で応援しに行ったんですよ(笑)この作品で山田さんが座長として立派に勤め上げていて、本当に尊敬していました。」と劇中さながらの絆の強いエピソードを明かし、会場を沸かせました。佐々木さんとの共演が念願であったという山田さんは「蔵之介さんの作品や演技が本当に大好きだったんです。本作でやっと共演できて本当に嬉しかったです」と、撮影現場において、熱い信頼を佐々木さんに寄せていたことを明かしました。

続けて、山田さんから“とんでもない女優”だと称賛された芳根さんは、本作の撮影裏について「本当に戦ったなと思っています。監督はこれでいいと妥協して撮影する方じゃないので、大変な撮影でしたが、山田さんに最後まで見守って頂きました。」と、共演者の山田さんに感謝の意を表しました。

また本作の主題歌として、中島みゆきさんの『時代』が起用されることが発表され、本邦初公開の主題歌付き予告編が上映されました。時を超えて人々の記憶に刻まれる不朽の名曲と、記憶をテーマに人の“絆”と“想い”が描かれた本作のコラボレーションに、会場からは大きな拍手が贈られました。

映像を初めてみた山田さんは「『時代』は本作の主題歌にぴったりだと思いました。温かい歌詞と物語が本当にリンクしているんです。中島さんの“時代”が本作と共に新たなページをめくるんだなと、大変嬉しい気持ちでいっぱいです」と、人々の記憶をテーマにした本作との深い親和性を語りました。

さらに記憶をテーマにした本作に因み、記憶屋に消されたくない2019年1番の思い出をそれぞれ発表。劇中で大事な記憶を失う役どころを演じた蓮佛さんは「山田君との撮影の合間で、彼が『はとぽっぽ』を歌っていると思ったら、今度は『およげたいやきくん』を鼻歌で歌いだして、なんてメルヘンな26歳なんだと感慨深くなりました。絶対忘れたくないです!」と明かし、会場を笑いに包みました。

また、山田さんは「蔵之介さんがクランクアップの時に頂いた日本酒がとても美味しくてあの味が忘れられません。美味しすぎてたくさん飲んで酔っぱらっちゃったんですけど、あの味を忘れたくないです」と佐々木さんとの関係性が垣間見えるエピソードを披露した一方で、「芳根さんからクッキーを差し入れに頂いたのですが、美味しすぎてこっそりたくさん持って帰ったんです。そのところをスタッフさんに見られて注意されました(笑)」と意外な“消したい”記憶を明かし、会場を大いに沸かせました。

更に佐々木さんは「撮影の合間に頂いた洋酒ケーキが美味しすぎて、ポッケに隠して持って帰りました(笑)」と山田さんと被るような記憶を明かし、まるで劇中の遼一と高原のように仲の良い二人に、会場からは暖かい拍手が贈られました。そして佐々木さんは、忘れたくない記憶について、昨年惜しくもこの世を去った名女優佐々木すみ江さんとの記憶を上げます。佐々木さんは、「佐々木すみ江さんとの撮影です。広島駅まで一緒のバスや改札で会話したこと、景色をすべて覚えています」と語り、最後まで女優であり続けたすみ江さんの姿を記憶に留めていることを明かしました。

イベントのラスト、山田さんは公開を心待ちにしているファンに向けて「本作は、様々なキャラクターが描かれていて、どのキャラクターの視線に立つかで印象が変わってくる作品です。世代問わず楽しんで頂ける、この冬一番に感動する作品になっていますので、皆様の中で大切なものを見つめ返すきっかけになればいいなと思っております。是非劇場でご覧ください」と温かなメッセージを贈り、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。