1/7(火)サプライズ成人式イベントレポート

event



この度、来週の成人の日に先行して“記憶に残るサプライズ成人式イベント”が神楽座にて行われました。
杏子が働く喫茶店の店長 外山を演じたブラザートムさんの他、主演を務めた山田涼介さんと芳根京子さんらがサプライズ登場しました。

会場には地方出身東京在中の新成人と多くのマスコミ陣が集まり、開演前からフレッシュな熱気に包まれました。
ブラザートムさんは集まった新成人の皆さんに向けて、「二十歳になることが大事なのではありません。ここから国を作っていく面白さに参加していくこと、自分たちがやることを盛り上げていくこと、今この国で正しいのは自分たちだと思って、貴方たちが信じることをそのままやってください」と人生の大先輩として熱いエールを贈りました。

そして、ブラザートムさんがひとしきり会場を盛り上げたところで山田さんと芳根さんが登場。会場内は思わぬサプライズに騒然となり、大きな拍手と歓声が巻き起こりました。

お笑い芸人になりたいという夢を持つ新成人より家族への感謝の気持ちを綴ったメッセージが披露されると、山田さんは「新成人の皆さんおめでとうございます。僕がこの場にいられるのも、姉と母が知らぬ間に番組の公開オーディションに応募してくれたからなんです。当時サッカーを本格的にやっていたので最初は嫌だったのですが、オーディションに参加したらワールドカップのピンバッジを買ってくれるとのことでついていったんです(笑)今ではこのお仕事が僕の天職だと思っています。本当に家族に感謝しています」と秘めた家族愛を明かし、会場を沸かせました。

また、芳根さんは「家族って1番の味方ですよね。特に母はパワフルで、いつも落ち込みそうなときは相談させてもらってます。いつもポジティブな言葉をかけてくれるんです。今日も“一日の終わりに今日もありがとうって言えるのが素敵じゃない?“と言われたので実践したいです(笑)」と自身の母との強い信頼関係を語りました。

ブラザートムさんは「母が亡くなってからの時間が一緒にいた時間より長くなってしまったのですが、僕の記憶にはずっと生きています。また息子が成人したときに”お父さんの息子でよかった“と言われて涙が出てしまいました。いつまでも残る”記憶“って凄いことだと思います」と亡き母、そして息子との特別な記憶を明かしました。

続いて、会場にいる新成人から大人になる不安や記憶屋に消してほしい悩みがキャスト陣に向けて発表されました。
自立するのが不安という悩みに対して山田さんは「周りとの関わりを大事にしてほしいです。自分にとって大切な人を見定めて、絆を深めていくことが大切だと思います」と答え、芳根さんは「絶対みんな小さなことでも自立していると思います。自分を肯定してあげて、色々な場所に行ってチャレンジしたり、やりたいことを見つければいいのだと思います」と同世代としての前向きなアドバイスを贈ると、ブラザートムさんから「全くその通り!自立なんてしようと思わなくとも勝手に自立するもの。それよりも人との関わり合いを大切にして!」と二人の意見に太鼓判を押しました。

また、両親に記憶に残るようなプレゼントをあげたいという悩みに対し、山田さんは「高価なものではなくて、記憶に残るものがいいと思います。晴れの日の前に着物姿を1番早く見せるとか何よりも嬉しいんじゃないかな。手紙も形に残ると思います」、芳根さんは「母に愛情が欲しいと言われたことがあります。何を渡すか考えている時間こそが愛情で大切だと思います。親をちゃんと見て考えれば、答えが見つかるはずです」と真摯に応えました。

イベントの最後、山田さんは会場にいる新成人に向けて「本作が皆さんの記憶の1ページに残れば嬉しいです。どの世代の皆さんも愛の形とか、考え方とか、多くのことを見つめ直すことのできる映画です。自分の中にある人への想いや、愛の形を感じて頂ければと思います」と温かいメッセージを贈り、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

『記憶屋 あなたを忘れない』×dデリバリー
コラボキャンペーン決定!

news

取り扱い店舗数は国内最大級!NTTドコモの出前・フード宅配サイト「dデリバリー」と のコラボが決定!抽選で豪華映画賞品があたるプレゼントキャンペーンを実施いたします !



【キャンペーン期間】
2020年1月1日(水)~1月31日(金)

【実施期間/プレゼント内容】
2020年1月1日(水)~1月10日(金)までのご応募 → 映画鑑賞券:5組10名様
2020年1月1日(水)~1月31日(金)までのご応募 → 原作本:10名様

【キャンペーン参加方法】
1 各エントリーURLより、ご希望の景品にエントリー
2 キャンペーン期間中に、dデリバリーで2,500円以上のご注文/受取
どんなお店があるかは、こちらからチェック!https://delivery.dmkt-sp.jp/

【各エントリーURL】
※エントリーすると自動的に、dデリバリーメールサービスに登録されます。

◆記憶屋コラボ A賞(映画鑑賞券(ムビチケ)ペア)にエントリー!
https://entry.data.dmkt-sp.jp/?campaignId=LPM05005
※A賞につきましては、1月10日(金)時点の応募情報をもとに1月14日(火)に発送いたします。

◆記憶屋コラボ B賞(原作本)にエントリー!
https://entry.data.dmkt-sp.jp/?campaignId=LPM05006
※エントリーの有無は、dマーケットのマイページにてご確認ください。


——-ご注意——
■お支払方法について
※お支払方法は現金・ドコモ払い・クレジットカード払い・dカード払い・請求書払い、 ポイント利用いずれも可とします。

■エントリー期間について
※映画鑑賞券の当選は、2020年01月10日(金)23:59までにエントリーされた方が対象となります。

■賞品の発送について
※プレゼント発送前にdデリバリーメールサービスにてご案内差しあげます。送付先については当選発表のメールマガジンに従って指定ください。

■発送時期について
※映画鑑賞券は2020年1月14日(火)予定、原作本は2020年2月中旬予定となります。 

■その他
※本キャンペーンはエントリーが必要です。
※エントリーすると自動的に、dデリバリーメールサービスに登録されます。
※ログインせずにご注文された場合(ゲスト利用)は、エントリーの有無に関わらずキャンペーン対象外となります。
※キャンセルされたご注文は、キャンペーン対象外となります。
※同一店舗同一住所同一日での複数回注文の場合等、キャンペーン対象外とする場合がございます。
※dデリバリー側で不正とみなした行為に対してはキャンペーン対象外とする場合がございます。
※設定されたお届け住所に対象店舗が存在しない場合がございます。
※記載した内容は予告なく変更する場合がございます。
※お客さまのご住所・転居先が不明などで賞品がお届けできない場合、ご当選を無効とさせていただきます。
※長期不在で賞品が返品された場合も再発送出来かねる場合がございますので、予めご了承ください。
※本キャンペーンの当落に関するお問い合わせはお受けいたしかねます。
※本キャンペーンの当選の権利は第三者に譲渡できません。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

■dアカウントについて
※本キャンペーンのご利用にあたり、dアカウントが必要となります。dアカウントをお持ちでない方は、あらかじめdアカウントを発行(無料)ください。dアカウントについてのお問い合わせについては、よくあるご質問/お問い合わせのページよりご確認ください。

山田涼介さん「オールナイトニッポン」パーソナリティに初挑戦!

news

この度、本作の公開を記念して、山田涼介さんがニッポン放送の「オールナイトニッポン」のパーソナリティに初挑戦することが決定!
共演者の芳根京子さんらがゲスト出演する予定です。

「山田涼介のオールナイトニッポン」は、2020年1月14日(火)25時よりニッポン放送をキーステーションに全国ネットで放送されます。
番組では、パーソナリティの山田さんとゲスト出演者の芳根さんらが、撮影中の裏話を交えながら、作品の魅力をたっぷりと紹介。
更に人の記憶を消すことの出来る“記憶屋”の設定に因み、「消し去りたい恥ずかしい記憶」と題してメールを募集します。

リスナーからの様々な問いに、山田さんと芳根さんらが直接回答をする決して忘れることのできない至極の2時間となる予定です!

なおこの番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができます。⇒http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20200115010000

<番組詳細>
■番組タイトル:ニッポン放送『山田涼介のオールナイトニッポン』
■放送日時:2020年1月14日(火)25時~27時(15日午前1時~3時)
      ニッポン放送をキーステーションに全国36局ネットで放送
■パーソナリティ:山田涼介
■ゲスト:芳根京子ほか
■番組メールアドレス yamada@allnightnippon.com
■番組ハッシュタグ #山田涼介ANN

公開記念舞台挨拶決定のお知らせ

event, news

いよいよ2020年1月17日(金)より全国公開となる映画『記憶屋 あなたを忘れない』。
この度、公開記念舞台挨拶の開催が決定しました! この機会に是非ご参加ください。


≪舞台挨拶詳細≫
【日程】1月18日(土)公開記念舞台挨拶

①会場:丸の内ピカデリー(東京)
時間:9:00の回上映終了後舞台挨拶 【Pコード:550-854】
登壇者(予定):山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、平川雄一朗監督

②会場:丸の内ピカデリー(東京)
時間:12:20の回上映前舞台挨拶 【Pコード:550-854】
登壇者(予定):山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、平川雄一朗監督

③会場:イオンシネマ市川妙典(千葉)
時間:12:15の回上映終了後舞台挨拶 【Pコード:550-852】
登壇者(予定):山田涼介、佐々木蔵之介、平川雄一朗監督

④会場:京成ローザ(千葉)
時間:14:00の回上映終了後舞台挨拶 【Pコード:550-853】
登壇者(予定):山田涼介、佐々木蔵之介、平川雄一朗監督


≪チケット料金≫
全席指定料金:2,100円(税込) 別途手数料あり

≪チケット販売≫
「チケットぴあ」にて販売
※チケットは、すべて「チケットぴあ」にて、お一人様2枚までとさせていただきます。

≪販売スケジュール≫
◆チケットぴあ先行(抽選)
こちらはプレイガイドの無料会員限定での受付となります。(システム:チケットぴあ)
※こちらの受付は先着ではなく、期間中に申し込んで頂いたお客様の中から抽選となります。

エントリー期間:12/26(木)11:00~1/7(火)11:00
当落確認:1/10(金)18:00~
受付方法:WEBにて ≪https://w.pia.jp/t/kiokuya/ ≫(PC/スマホ)
決済方法:クレジットカード、ちょコムeマネー
引取方法:店頭引取(全国「チケットぴあ」店舗、セブン-イレブン、ファミリーマート)
枚数制限:1申込み2枚まで
手数料:別途ございます

◆一般販売(先着)
こちらはプレイガイド会員登録不要の一般受付となります。(システム:チケットぴあ)
※限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。

受付期間:1/11(土)10:00~
受付方法:WEBにて ≪https://w.pia.jp/t/kiokuya/ ≫(PC/スマホ)
店頭直接購入:全国「チケットぴあ」店舗、セブン-イレブン、ファミリーマート
電話予約:0570-02-9999
決済方法:クレジットカード、ちょコムeマネー
引取方法:店頭引取(全国「チケットぴあ」店舗、セブン-イレブン、ファミリーマート)
枚数制限:1申込み2枚まで
手数料:別途ございます

◆チケット購入に関するお問い合わせ
「チケットぴあ」インフォメーション(10:00~18:00) TEL:0570-02-9111
「チケットぴあ」HP(http://t.pia.jp/help/


≪注意事項≫
・いかなる場合においても途中入場はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。
・登壇者は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
・前売券・ムビチケカードからのお引換はいたしかねますのでご注意ください。
・特別興行の為、各種割引(シニア・学生・小人等)・各種招待券は、ご使用いただけません。
・お席はお選びいただけません。
・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは、ご購入の際にご確認ください。
・場内でのカメラ(携帯電話含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。当日は荷物検査を行わせていただく場合がございます。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。チケット券面に購入者氏名が印字される場合がございます。ご入場時、本人確認のため、チケット券面記載の「当選者様氏名(申込み登録された氏名)」と「身分証明書」をランダムで確認させていただく場合がございます。当日は身分証のご持参をお願いいたします。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。
・会場内ではマスコミ各社の取材による撮影、弊社記録撮影が行われ、テレビ・雑誌・ホームページ等にて、放映・掲載される場合がございます。
・イベントの模様が後日販売されるDVD商品等に収録される場合がございます。
・お客様の当催事における個人情報(肖像権)については、このイベントにご入場されたことにより、上記の使用にご同意いただけたものとさせていただきます。
・運営の都合により、会場へのご入場やトイレのご利用を制限させていただく場合がございます。
・登壇ゲスト等へのプレゼントは受け取れません。予めご了承ください。
・お荷物のお預かりはできません。

メイキング特別映像解禁!

news


この度、『記憶屋 あなたを忘れない』メイキング特別映像が解禁!

本映像で注目なのは、1分9秒からのシーン。降りしきる雨の中、街行く人々の中で一人うずくまり、激しく地面を叩く遼一。そして、怒りとも悲しみともつかない彼の慟哭が寒空に響き渡る…。大人気グループのセンターを務め、TVのバラエティなどでも活躍している山田さんが、その全てをかなぐり捨てて挑む迫真の演技に、観ているこちらまで胸を鷲掴みにされてしまう程の衝撃なシーン。
実はこのシーンが撮影されたのは1月。極寒の中、雨に打たれながら感情を爆発させなければいけないこのシーンは、山田さんにとって俳優人生を振り返っても一二を争う程に辛いシーンだったといいます。

山田さんは、「雨に打たれるシーンは本当に大変でした。湖で寒中水泳をした経験もありますが、それ以上に寒かった!」とその壮絶さを語りながら、「役者経験の中で、エキストラの方に『大丈夫ですか!?』と本気で声をかけられたのは初めてでした(笑)」と話し、なんと周りのエキストラにまで心配をされていたことを明かしました。

山田さんが役者魂を見せつけたこのシーンは、劇中でも重要なシーンとして描かれます。普段は明るい遼一が、ここまで感情を露わにして泣き崩れてしまう程の理由とは一体何なのか?

そしてもう一つの注目は、高原を演じた佐々木さんの存在。佐々木さんの計算された軽妙な演技は、高原の弁護士というお堅い肩書に、憎めない軽さと人間味を与え、唯一無二のキャラクターに仕上げました。真っすぐで一本気な性格の大学生と、どこか砕けた雰囲気を持つ弁護士との凸凹バディは、作品に暖かいユーモアを与えています。

山田さんは、バディを組んだ佐々木さんに関して「一番共演をしたかった俳優さんだったんです!」と念願の共演であったとを明かしつつ、「これまでお会いしたことはなかったのですが、“絶対にいい方だろう”と思っていたら、やっぱりそうで(笑)年の差を感じさせないように、あえてフランクに接してくれたのもありがたかったです。」と初共演の感動を語りました。

山田さんが過酷な撮影を乗り越えて、渾身の演技を魅せた本作。遼一の成長と大切な人への想いを繊細に描いた、至極のヒューマンドラマに期待が高まります。

12/10(火)完成披露メモリアルイベントレポート

event, news


この度、主演を務めた山田涼介さんをはじめ芳根京子さん、佐々木蔵之介さん、蓮佛美沙子さん、泉里香さん、濱田龍臣さんら豪華キャスト陣と平川雄一朗監督が一同に集結。丸の内ピカデリーにて完成披露メモリアルイベントが行われました。
山田さんは、「約1年前に撮影をした本作をようやく皆様のもとに届けることができたことを素直に嬉しく思っております。いろいろな受け取り方ができる感動作だと思いますので、皆さんの反応がとても楽しみです」と無事に完成披露を迎えられたことに喜びを表しました。更に撮影を振り返り「現場で“ああじゃないか、こうじゃないか”と監督と何度も話し合いました。僕だけじゃなくキャスト皆さんもそうだと思うんです。みんなで作り上げていきました」と、平川監督と共にチーム一丸となっていたことを語りました。

劇中で遼一と共に記憶屋を探し、バディのような関係になる弁護士・高原を演じた佐々木さんは、山田さんとの初共演について「山田君と1日だけ広島でロケしたのですが、まるで一緒に旅行をしたような“記憶”が残っています。広島の綺麗な海の景色を共有できて、劇中のようにバディ感を感じていました。実はその後、山田君のコンサートに一人で応援しに行ったんですよ(笑)この作品で山田さんが座長として立派に勤め上げていて、本当に尊敬していました。」と劇中さながらの絆の強いエピソードを明かし、会場を沸かせました。佐々木さんとの共演が念願であったという山田さんは「蔵之介さんの作品や演技が本当に大好きだったんです。本作でやっと共演できて本当に嬉しかったです」と、撮影現場において、熱い信頼を佐々木さんに寄せていたことを明かしました。

続けて、山田さんから“とんでもない女優”だと称賛された芳根さんは、本作の撮影裏について「本当に戦ったなと思っています。監督はこれでいいと妥協して撮影する方じゃないので、大変な撮影でしたが、山田さんに最後まで見守って頂きました。」と、共演者の山田さんに感謝の意を表しました。

また本作の主題歌として、中島みゆきさんの『時代』が起用されることが発表され、本邦初公開の主題歌付き予告編が上映されました。時を超えて人々の記憶に刻まれる不朽の名曲と、記憶をテーマに人の“絆”と“想い”が描かれた本作のコラボレーションに、会場からは大きな拍手が贈られました。

映像を初めてみた山田さんは「『時代』は本作の主題歌にぴったりだと思いました。温かい歌詞と物語が本当にリンクしているんです。中島さんの“時代”が本作と共に新たなページをめくるんだなと、大変嬉しい気持ちでいっぱいです」と、人々の記憶をテーマにした本作との深い親和性を語りました。

さらに記憶をテーマにした本作に因み、記憶屋に消されたくない2019年1番の思い出をそれぞれ発表。劇中で大事な記憶を失う役どころを演じた蓮佛さんは「山田君との撮影の合間で、彼が『はとぽっぽ』を歌っていると思ったら、今度は『およげたいやきくん』を鼻歌で歌いだして、なんてメルヘンな26歳なんだと感慨深くなりました。絶対忘れたくないです!」と明かし、会場を笑いに包みました。

また、山田さんは「蔵之介さんがクランクアップの時に頂いた日本酒がとても美味しくてあの味が忘れられません。美味しすぎてたくさん飲んで酔っぱらっちゃったんですけど、あの味を忘れたくないです」と佐々木さんとの関係性が垣間見えるエピソードを披露した一方で、「芳根さんからクッキーを差し入れに頂いたのですが、美味しすぎてこっそりたくさん持って帰ったんです。そのところをスタッフさんに見られて注意されました(笑)」と意外な“消したい”記憶を明かし、会場を大いに沸かせました。

更に佐々木さんは「撮影の合間に頂いた洋酒ケーキが美味しすぎて、ポッケに隠して持って帰りました(笑)」と山田さんと被るような記憶を明かし、まるで劇中の遼一と高原のように仲の良い二人に、会場からは暖かい拍手が贈られました。そして佐々木さんは、忘れたくない記憶について、昨年惜しくもこの世を去った名女優佐々木すみ江さんとの記憶を上げます。佐々木さんは、「佐々木すみ江さんとの撮影です。広島駅まで一緒のバスや改札で会話したこと、景色をすべて覚えています」と語り、最後まで女優であり続けたすみ江さんの姿を記憶に留めていることを明かしました。

イベントのラスト、山田さんは公開を心待ちにしているファンに向けて「本作は、様々なキャラクターが描かれていて、どのキャラクターの視線に立つかで印象が変わってくる作品です。世代問わず楽しんで頂ける、この冬一番に感動する作品になっていますので、皆様の中で大切なものを見つめ返すきっかけになればいいなと思っております。是非劇場でご覧ください」と温かなメッセージを贈り、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。



セブンネット限定グッズ付き前売券ご予約開始!

news

本日よりセブンネット限定で、映画「記憶屋 あなたを忘れない」オリジナルグッズ付前売 券のご予約が開始致しました。



【予約受付期間】2019年12月9日(金)14時~2020年1月16日(木)23時59分
【初回お渡し日】2020年1月10日(金)8時~
【価格】2,364円(税抜)
【セット内容】ムビチケカード前売券+オリジナル記憶メモ・フリクションペンセット

ムビチケカード前売券が付かない、オリジナル記憶メモ・フリクションペンセット
(1,091円(税抜))も取扱いしております!
ぜひチェックしてくださいね。



ムビチケについて

news

11月29日(金)より、映画『記憶屋 あなたを忘れない』のムビチケが発売となります。

ムビチケはネットで座席指定が出来る通常料金よりオトクな映画前売券です。
下記をご確認いただき、是非お買い求めください!





一般:1400円


〈購入方法〉
◆全国4万枚限定 オリジナルクリアファイル付きムビチケカード券



劇場情報ページの前売券欄に「★」がついている劇場窓口にてお買い求めいただけます。


◆ムビチケカード券

劇場情報ページの前売券欄に「★」がついている劇場窓口にてお買い求めいただくか、
メイジャーの作品ページからお買い求めいただけます。


◆ムビチケオンライン券(ビジュアルなし)
ムビチケ購入番号がメールで届く、ペーパーレスなデジタル映画前売券です。
ムビチケの作品ページからお買い求めいただけます。

〈使用方法〉
使用方法はこちらをご確認ください。

オリジナルクリアファイル付き ムビチケ発売決定!

news

11月29日(金)より本作の上映劇場でオリジナルクリアファイル付きムビチケカードの発売が決定しました!

全国の上映劇場窓口にてムビチケカードを購入すると4万枚限定でオリジナルクリアファイルをプレゼント! (一部劇場を除く)



特典となるクリアファイルは、穏やかな光に包まれている風景と山田さん演じる主人公・遼一の姿が映し出されている両面デザイン。遼一の視線の先には何が映っているのか、もの悲しい表情にグッと引き込まれる仕上がりになっています。

前売券販売劇場はこちら

予告編、ポスタービジュアル、追加キャスト解禁!

news



この度、本編映像初解禁となる予告映像が解禁! 壮大で情感溢れる音楽に包まれて、描き出される人々の想いに胸が締め付けられ、永遠に残る感動の結末への期待高まる予告映像となっております。


さらに、本ポスターと追加キャストも解禁! 本ポスターには、「愛する人のため あなたは何ができますか?」というコピーと共に 豪華キャストが集結。記憶を巡る様々な想いを感じさせ、それぞれが見つめる先にある感動の結末を予感させる本ポスターとなっています。

追加キャストも発表となり、高原が通院する病院の医師・福岡を杉本哲太、高原の助手・七海を泉里香、元警察官で真希の祖父・菅原を田中泯、記憶屋の情報について語る老人会の参加者・内田を佐々木すみ江が、遼一の母親・朝子を櫻井淳子、高原の元妻・水野を戸田菜穂、杏子が働く喫茶店の店長・外山をブラザートム、真希の母・希美を須藤理彩、記憶を失った彼女に寄り添う高校生・関谷を濱田龍臣、記憶を失った女子高生・佐々を佐生雪、真希の幼少期を稲垣来泉が演じており、期待の若手俳優から邦画界に欠かせないベテラン俳優まで豪華キャスト陣が脇を固めます。