12/10(火)完成披露メモリアルイベントレポート

event, news


この度、主演を務めた山田涼介さんをはじめ芳根京子さん、佐々木蔵之介さん、蓮佛美沙子さん、泉里香さん、濱田龍臣さんら豪華キャスト陣と平川雄一朗監督が一同に集結。丸の内ピカデリーにて完成披露メモリアルイベントが行われました。
山田さんは、「約1年前に撮影をした本作をようやく皆様のもとに届けることができたことを素直に嬉しく思っております。いろいろな受け取り方ができる感動作だと思いますので、皆さんの反応がとても楽しみです」と無事に完成披露を迎えられたことに喜びを表しました。更に撮影を振り返り「現場で“ああじゃないか、こうじゃないか”と監督と何度も話し合いました。僕だけじゃなくキャスト皆さんもそうだと思うんです。みんなで作り上げていきました」と、平川監督と共にチーム一丸となっていたことを語りました。

劇中で遼一と共に記憶屋を探し、バディのような関係になる弁護士・高原を演じた佐々木さんは、山田さんとの初共演について「山田君と1日だけ広島でロケしたのですが、まるで一緒に旅行をしたような“記憶”が残っています。広島の綺麗な海の景色を共有できて、劇中のようにバディ感を感じていました。実はその後、山田君のコンサートに一人で応援しに行ったんですよ(笑)この作品で山田さんが座長として立派に勤め上げていて、本当に尊敬していました。」と劇中さながらの絆の強いエピソードを明かし、会場を沸かせました。佐々木さんとの共演が念願であったという山田さんは「蔵之介さんの作品や演技が本当に大好きだったんです。本作でやっと共演できて本当に嬉しかったです」と、撮影現場において、熱い信頼を佐々木さんに寄せていたことを明かしました。

続けて、山田さんから“とんでもない女優”だと称賛された芳根さんは、本作の撮影裏について「本当に戦ったなと思っています。監督はこれでいいと妥協して撮影する方じゃないので、大変な撮影でしたが、山田さんに最後まで見守って頂きました。」と、共演者の山田さんに感謝の意を表しました。

また本作の主題歌として、中島みゆきさんの『時代』が起用されることが発表され、本邦初公開の主題歌付き予告編が上映されました。時を超えて人々の記憶に刻まれる不朽の名曲と、記憶をテーマに人の“絆”と“想い”が描かれた本作のコラボレーションに、会場からは大きな拍手が贈られました。

映像を初めてみた山田さんは「『時代』は本作の主題歌にぴったりだと思いました。温かい歌詞と物語が本当にリンクしているんです。中島さんの“時代”が本作と共に新たなページをめくるんだなと、大変嬉しい気持ちでいっぱいです」と、人々の記憶をテーマにした本作との深い親和性を語りました。

さらに記憶をテーマにした本作に因み、記憶屋に消されたくない2019年1番の思い出をそれぞれ発表。劇中で大事な記憶を失う役どころを演じた蓮佛さんは「山田君との撮影の合間で、彼が『はとぽっぽ』を歌っていると思ったら、今度は『およげたいやきくん』を鼻歌で歌いだして、なんてメルヘンな26歳なんだと感慨深くなりました。絶対忘れたくないです!」と明かし、会場を笑いに包みました。

また、山田さんは「蔵之介さんがクランクアップの時に頂いた日本酒がとても美味しくてあの味が忘れられません。美味しすぎてたくさん飲んで酔っぱらっちゃったんですけど、あの味を忘れたくないです」と佐々木さんとの関係性が垣間見えるエピソードを披露した一方で、「芳根さんからクッキーを差し入れに頂いたのですが、美味しすぎてこっそりたくさん持って帰ったんです。そのところをスタッフさんに見られて注意されました(笑)」と意外な“消したい”記憶を明かし、会場を大いに沸かせました。

更に佐々木さんは「撮影の合間に頂いた洋酒ケーキが美味しすぎて、ポッケに隠して持って帰りました(笑)」と山田さんと被るような記憶を明かし、まるで劇中の遼一と高原のように仲の良い二人に、会場からは暖かい拍手が贈られました。そして佐々木さんは、忘れたくない記憶について、昨年惜しくもこの世を去った名女優佐々木すみ江さんとの記憶を上げます。佐々木さんは、「佐々木すみ江さんとの撮影です。広島駅まで一緒のバスや改札で会話したこと、景色をすべて覚えています」と語り、最後まで女優であり続けたすみ江さんの姿を記憶に留めていることを明かしました。

イベントのラスト、山田さんは公開を心待ちにしているファンに向けて「本作は、様々なキャラクターが描かれていて、どのキャラクターの視線に立つかで印象が変わってくる作品です。世代問わず楽しんで頂ける、この冬一番に感動する作品になっていますので、皆様の中で大切なものを見つめ返すきっかけになればいいなと思っております。是非劇場でご覧ください」と温かなメッセージを贈り、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。



セブンネット限定グッズ付き前売券ご予約開始!

news

本日よりセブンネット限定で、映画「記憶屋 あなたを忘れない」オリジナルグッズ付前売 券のご予約が開始致しました。



【予約受付期間】2019年12月9日(金)14時~2020年1月16日(木)23時59分
【初回お渡し日】2020年1月10日(金)8時~
【価格】2,364円(税抜)
【セット内容】ムビチケカード前売券+オリジナル記憶メモ・フリクションペンセット

ムビチケカード前売券が付かない、オリジナル記憶メモ・フリクションペンセット
(1,091円(税抜))も取扱いしております!
ぜひチェックしてくださいね。



ムビチケについて

news

11月29日(金)より、映画『記憶屋 あなたを忘れない』のムビチケが発売となります。

ムビチケはネットで座席指定が出来る通常料金よりオトクな映画前売券です。
下記をご確認いただき、是非お買い求めください!





一般:1400円


〈購入方法〉
◆全国4万枚限定 オリジナルクリアファイル付きムビチケカード券



劇場情報ページの前売券欄に「★」がついている劇場窓口にてお買い求めいただけます。


◆ムビチケカード券

劇場情報ページの前売券欄に「★」がついている劇場窓口にてお買い求めいただくか、
メイジャーの作品ページからお買い求めいただけます。


◆ムビチケオンライン券(ビジュアルなし)
ムビチケ購入番号がメールで届く、ペーパーレスなデジタル映画前売券です。
ムビチケの作品ページからお買い求めいただけます。

〈使用方法〉
使用方法はこちらをご確認ください。

オリジナルクリアファイル付き ムビチケ発売決定!

news

11月29日(金)より本作の上映劇場でオリジナルクリアファイル付きムビチケカードの発売が決定しました!

全国の上映劇場窓口にてムビチケカードを購入すると4万枚限定でオリジナルクリアファイルをプレゼント! (一部劇場を除く)



特典となるクリアファイルは、穏やかな光に包まれている風景と山田さん演じる主人公・遼一の姿が映し出されている両面デザイン。遼一の視線の先には何が映っているのか、もの悲しい表情にグッと引き込まれる仕上がりになっています。

前売券販売劇場はこちら

予告編、ポスタービジュアル、追加キャスト解禁!

news



この度、本編映像初解禁となる予告映像が解禁! 壮大で情感溢れる音楽に包まれて、描き出される人々の想いに胸が締め付けられ、永遠に残る感動の結末への期待高まる予告映像となっております。


さらに、本ポスターと追加キャストも解禁! 本ポスターには、「愛する人のため あなたは何ができますか?」というコピーと共に 豪華キャストが集結。記憶を巡る様々な想いを感じさせ、それぞれが見つめる先にある感動の結末を予感させる本ポスターとなっています。

追加キャストも発表となり、高原が通院する病院の医師・福岡を杉本哲太、高原の助手・七海を泉里香、元警察官で真希の祖父・菅原を田中泯、記憶屋の情報について語る老人会の参加者・内田を佐々木すみ江が、遼一の母親・朝子を櫻井淳子、高原の元妻・水野を戸田菜穂、杏子が働く喫茶店の店長・外山をブラザートム、真希の母・希美を須藤理彩、記憶を失った彼女に寄り添う高校生・関谷を濱田龍臣、記憶を失った女子高生・佐々を佐生雪、真希の幼少期を稲垣来泉が演じており、期待の若手俳優から邦画界に欠かせないベテラン俳優まで豪華キャスト陣が脇を固めます。

コメント

news


吉森遼一役 山田涼介
角川ホラー文庫から出ている小説が原作ですが、そこには「怖さ」ではなく、「切なさ」や「人を想う気持ち」が交じり合う普遍的な世界が描かれています。原作は漫画にもなっており、さらに実写化ということで、観ていただけると「記憶屋」の世界観をより理解していただけると思います。芳根さんと佐々木さんとは初共演、蓮佛さんとは二度目の共演ということで、みんなで力を合わせながらこの不思議な世界観を創っていきたいなと思います。愛に切なさに優しさに寄り添っていただけると思います!


河合真希役 芳根京子
自分にとって挑戦の年だった2018年の締めくくりに、平川組で「記憶屋」の撮影に臨めることがとっても嬉しいです。そして今回初めてご一緒させて頂く山田さんにリードしてもらいながら、遼一を幼馴染みとして側で支え、複雑な気持ちを胸に抱える真希という無邪気な女の子を通して、自分なりに沢山悩みもがきぶつかってこの作品を皆さんの記憶に残る一本にできるようがんばります。
そして、蓮佛さんと「べっぴんさん」ぶりの共演、とても嬉しいです!姉妹から、恋の矢印が交錯する複雑な関係へと変わりました。いろんな経験をして成長できた姿を見せられたら、と気合が入ります。また、今まで同じ作品に参加させていただいてましたが、一緒にお芝居をしたことがなかった佐々木蔵之介さんと、やっと直接お会いできるのもすごく楽しみです。


澤田杏子役 蓮佛美沙子
幸せだった日々から一転、大好きな人のことを全て忘れてしまった杏子。なぜ忘れてしまったのか、そこに在る理由やそれまでの幸せな日々、そして忘れてしまってからの微妙な関係性を、ひとつひとつ零さず丁寧にすくい上げていけたらなと思っています。


高原智秋役 佐々木蔵之介
家族と囲んだ食卓、友達と笑い合った放課後、焦がれていたあの人の横顔、故郷の風景…この映画には、誰もの心に刻まれた、美しくあたたかい、時には切ない「記憶」が登場します。皆さまの心にそっと寄り添ってくれる優しい映画になってくれればと思います。