1月29日ティーチイン付き上映会@新宿ピカデリー レポート

event, news

1月29日(水)新宿ピカデリーにて、本作のメガホンをとった平川雄一朗監督と、石塚慶生プロデューサー(以降、石塚P)によるティーチイン付き上映会が開催されました。

上映後のティーチインイベントとあって、平川監督と石塚Pが登場する と、会場は温かい拍手で包まれました。まず平川監督が「皆様、今日はご覧いただいてありがとうございました。少しの時間ですが、たくさんお話が出来たらなと思っています。」石塚Pが「お忙しい中、来てくださってありがとうございます。何度も見て頂いてる方もいると思いますが、今日は楽しい時間になればいいなと思っております。」と挨拶しました。

続いて本作をご覧になったお客様から「記事で脚本を変更したと読んだんですが、山田さんと話して変更した点はありますか?」と質問があがると、平川監督は「山田くんにイメージを伝えて、ここで倒れて叫んでというふうに言いました。彼はプロなので聞いてはくれるんですが、『感情なのでどうなるか分かりません』と言われました。」、石塚Pは「遼一と高原が大学のベンチで記憶屋についてトークする部分があるのですが、そのシーンは最初の脚本と変わりました。佐々木蔵之介さんと監督が話して、記憶屋に対する高原の気持ちなどを変えたのです。」とコメント。

また他のお客様からの「サブタイトルの『あなたを忘れない』は誰を指しているのでしょうか」という質問に対して、石塚Pは「最初、サブタイトルはなかったんです。優しくてこの作品を包み込んでくれるようなワードを探して、すべての人を表すようにいろんな意味を含んでいます。宣伝のポスターにある『愛する人のためにあなたは何ができますか?』というコピーも色々な解釈を持ってくれればいいなと思い、このワードにしました。この映画のテーマでもある、全員が誰かのために頑張って生きているが、その気持ちが相手に届かなかったり、ずれてしまったりする切なさを表せればいいなと思いました。」と作品をつくる上での想いを語りました。

また、主題歌の起用した理由についての質問が挙がると、平川監督は「僕は学生時代から『時代』が好きで、ずっと歌い継がれているあこがれの歌でもあったんですが、山田くんとこの作品のテーマにも合っているなという話をして『時代』を主題歌にしたいと思いました。」と語ると、その言葉を受け石塚Pは「監督と僕の気持ちを手紙に書いて中島さんに伝えたところ、ご快諾を頂けました。中島さんの『時代』を映画の主題歌として初めて使用させて頂けて、本当に奇跡だなと思いました。また、『間宮兄弟』という映画で佐々木蔵之介さんの母親役を中島さんが演じられていて、中島さんご本人が『息子が出ているのね、素敵な映画ね。』と話されていたそうで、改めて人と人と縁は素晴らしいなと思いました。」と感慨深げにコメント。

最後の質問で、「山田くんの衣装や髪型が違う部分が印象的だったのですが、何か意図はありましたか?」と尋ねられると、平川監督は「山田くんと衣装合わせの時に、シーンや遼一の感情によって、衣装や髪型を変えようという話をしました。悩んでるときは、前髪が重めになっているんですが、遼一の感情によってどんどん前髪が開いていったり(笑)」とエピソードを交え会場を笑いを誘いました。

イベントの最後では、石塚Pが「本日はありがとうございました。この作品は色んな登場人物が出てくるんですが、皆さんが何年後かにまた観て頂くときには、キャストへの見え方が変わってくると思います。登場人物みんなの想いなど織守先生含めてたくさん議論しました。悩んだことが映画の中に出ていると思いますし、悩みながら人は生きていくんだなということがこの作品の一つのテーマとして感じて頂けたらと思います。皆さんがおしゃっていたように映画を観て、会話の糸口になるということが製作者としてすごく嬉しいことですので、まだまだいろんな人にお伝えして頂けたらなと思います。」と作品に込めた気持ちを伝え、平川監督は「この作品で僕が皆さんの前に立つのは最後なんです。最後なので、恥も何もないですが、、、(沈黙)皆さんの力でこの作品を、山田涼介を応援してください。今日は本当にありがとうございました」と熱い想いを涙ながら語り、ティーチインイベントは終了しました。