1月18日(土)公開記念舞台挨拶イベントレポート

news


先日公開を迎えた本作の大ヒットを記念し、主演を務めた山田涼介さんをはじめ、芳根京子さん、蓮佛美沙子さん、佐々木蔵之介さん、そして監督を務めた平川雄一朗さんが一同に集結した“公開記念舞台挨拶イベント”が丸の内ピカデリーにて行われました。

本作のタイトルにちなみ、大切な人との“忘れられない”エピソードについて問われた山田さんは「ジュニア時代、急にジャニーさんから電話で“YOUのこと嫌いだよ”って言われたんです。その時、“これはジャニーズに残れないだろうな”と感じました。だけど数年経って滝沢さんの舞台でソロで踊った時にジャニーさんから抱きしめられて“YOU最高だよ!”って言って頂いて。この2つの思い出は今でもずっと忘れられません」とジャニーズ事務所の社長であった故ジャニー喜多川氏との知られざるエピソードを明かすと、平川監督が「嫌いがあるから好きもある。きっと本当に山田君のことを好きだったんだろうね」と山田さんに温かい言葉をかけ、会場を感動で包み込みました。

また、遼一と共に記憶屋を探し、バディのような関係となる弁護士・高原を演じた佐々木さんは「20年前に上京して東京で初めてドラマに出演したとき”俳優は向いていない”と悩んでいたのですが、撮影後にマネージャーから“いや、いけるよ”とかけてもらった言葉を今でも覚えています。私は当時非常にその言葉に助けられましたが、本人はそのことをさっぱりと忘れていたんです!」とデビュー当時の貴重なエピソードを明かし、会場を沸かせました。

一方、劇中で遼一の幼馴染役を演じた芳根さんは「最近母から教えてもらった“昨日には感謝、今日には情熱、明日には希望”という言葉が素敵だなと思ったんです。いつも通る床屋さんの看板の言葉だったみたいなんですが(笑)辛いときも忘れないようにしようと思っています」と、母から貰った大切な言葉を明かしました。

そして劇中で大切な記憶を失う役どころを演じた蓮佛さんは「16歳の時に大林宣彦監督から頂いた“お芝居に正解も不正解もないんだから、思ったようにやってみなさい”という言葉に救われて今でも覚えています。」と女優人生における特別なエピソードを明かしました。

さらに、平川監督より山田さんに向けて感謝の気持ちを込めたメッセージがサプライズで披露されました。
平川監督の「撮影中意見を交わし、納得いかなかった部分もあったかと思います。最初は勝手に岡田准一さん、二宮和也さんのような先輩たちに続く俳優だと思っていましたが、山田君は僕のイメージを超えてきた唯一無二の俳優でした。オリジナリティ溢れる山田ワールドになった作品だと思います。今日ここにいることができるのは皆さんのおかげです」という温かなメッセージに対し、山田さんが感極まる一幕も。

山田さんは「今までの記憶がフラッシュバックしました。実は監督、クランクアップの時に泣かれていたんです。強い思いを持って挑まれていたのだなという想いと共に、監督のキャストや作品に対する愛を感じました。本当に監督とキャストの皆さんに感謝しています」と感謝の気持ちを語り、会場からは温かな拍手が贈られました。

イベントの最後では、山田さんが公開を待ち望んでいたファンに向けて「本作は人と人とのつながりの大切さがわかるとても温かい作品です。どの世代の方にも楽しんでいただける作品だと思いますので、これからもっともっと多くの方に観て頂いて、この作品を育てて頂きたいです」とメッセージを贈り、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。