12/10(火)完成披露メモリアルイベントレポート

event, news


この度、主演を務めた山田涼介さんをはじめ芳根京子さん、佐々木蔵之介さん、蓮佛美沙子さん、泉里香さん、濱田龍臣さんら豪華キャスト陣と平川雄一朗監督が一同に集結。丸の内ピカデリーにて完成披露メモリアルイベントが行われました。
山田さんは、「約1年前に撮影をした本作をようやく皆様のもとに届けることができたことを素直に嬉しく思っております。いろいろな受け取り方ができる感動作だと思いますので、皆さんの反応がとても楽しみです」と無事に完成披露を迎えられたことに喜びを表しました。更に撮影を振り返り「現場で“ああじゃないか、こうじゃないか”と監督と何度も話し合いました。僕だけじゃなくキャスト皆さんもそうだと思うんです。みんなで作り上げていきました」と、平川監督と共にチーム一丸となっていたことを語りました。

劇中で遼一と共に記憶屋を探し、バディのような関係になる弁護士・高原を演じた佐々木さんは、山田さんとの初共演について「山田君と1日だけ広島でロケしたのですが、まるで一緒に旅行をしたような“記憶”が残っています。広島の綺麗な海の景色を共有できて、劇中のようにバディ感を感じていました。実はその後、山田君のコンサートに一人で応援しに行ったんですよ(笑)この作品で山田さんが座長として立派に勤め上げていて、本当に尊敬していました。」と劇中さながらの絆の強いエピソードを明かし、会場を沸かせました。佐々木さんとの共演が念願であったという山田さんは「蔵之介さんの作品や演技が本当に大好きだったんです。本作でやっと共演できて本当に嬉しかったです」と、撮影現場において、熱い信頼を佐々木さんに寄せていたことを明かしました。

続けて、山田さんから“とんでもない女優”だと称賛された芳根さんは、本作の撮影裏について「本当に戦ったなと思っています。監督はこれでいいと妥協して撮影する方じゃないので、大変な撮影でしたが、山田さんに最後まで見守って頂きました。」と、共演者の山田さんに感謝の意を表しました。

また本作の主題歌として、中島みゆきさんの『時代』が起用されることが発表され、本邦初公開の主題歌付き予告編が上映されました。時を超えて人々の記憶に刻まれる不朽の名曲と、記憶をテーマに人の“絆”と“想い”が描かれた本作のコラボレーションに、会場からは大きな拍手が贈られました。

映像を初めてみた山田さんは「『時代』は本作の主題歌にぴったりだと思いました。温かい歌詞と物語が本当にリンクしているんです。中島さんの“時代”が本作と共に新たなページをめくるんだなと、大変嬉しい気持ちでいっぱいです」と、人々の記憶をテーマにした本作との深い親和性を語りました。

さらに記憶をテーマにした本作に因み、記憶屋に消されたくない2019年1番の思い出をそれぞれ発表。劇中で大事な記憶を失う役どころを演じた蓮佛さんは「山田君との撮影の合間で、彼が『はとぽっぽ』を歌っていると思ったら、今度は『およげたいやきくん』を鼻歌で歌いだして、なんてメルヘンな26歳なんだと感慨深くなりました。絶対忘れたくないです!」と明かし、会場を笑いに包みました。

また、山田さんは「蔵之介さんがクランクアップの時に頂いた日本酒がとても美味しくてあの味が忘れられません。美味しすぎてたくさん飲んで酔っぱらっちゃったんですけど、あの味を忘れたくないです」と佐々木さんとの関係性が垣間見えるエピソードを披露した一方で、「芳根さんからクッキーを差し入れに頂いたのですが、美味しすぎてこっそりたくさん持って帰ったんです。そのところをスタッフさんに見られて注意されました(笑)」と意外な“消したい”記憶を明かし、会場を大いに沸かせました。

更に佐々木さんは「撮影の合間に頂いた洋酒ケーキが美味しすぎて、ポッケに隠して持って帰りました(笑)」と山田さんと被るような記憶を明かし、まるで劇中の遼一と高原のように仲の良い二人に、会場からは暖かい拍手が贈られました。そして佐々木さんは、忘れたくない記憶について、昨年惜しくもこの世を去った名女優佐々木すみ江さんとの記憶を上げます。佐々木さんは、「佐々木すみ江さんとの撮影です。広島駅まで一緒のバスや改札で会話したこと、景色をすべて覚えています」と語り、最後まで女優であり続けたすみ江さんの姿を記憶に留めていることを明かしました。

イベントのラスト、山田さんは公開を心待ちにしているファンに向けて「本作は、様々なキャラクターが描かれていて、どのキャラクターの視線に立つかで印象が変わってくる作品です。世代問わず楽しんで頂ける、この冬一番に感動する作品になっていますので、皆様の中で大切なものを見つめ返すきっかけになればいいなと思っております。是非劇場でご覧ください」と温かなメッセージを贈り、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。